朝日新聞の特集記事「心揺さぶる 気迫のタクト」

2019年11月24日(土)付の朝日新聞大阪本社版朝刊に掲載された「第57回大阪国際フェスティバル2019」の特集記事です。

4月20日(日)「4オケ・スペシャル」、4月28日(日)「パーヴォ・ヤルヴィ指揮エストニア・フェスティバル管弦楽団」、そして6月8日(土)「リヒャルト・シュトラウス《サロメ》」の3公演を紹介しています。「サロメ」を指揮する、大阪フィルハーモニー交響楽団の音楽監督、尾高忠明さんのインタビュー記事をお読みいただけるほか、開催概要を掲載しています。

画像をクリックいただくとPDFファイルが表示されますので、是非、ご一読ください。



◆「4オケ・スペシャル」の詳細はこちら
◆提携公演「東京都交響楽団・大阪特別公演」の詳細はこちら
◆「パーヴォ・ヤルヴィ指揮エストニア・フェスティバル管弦楽団」の詳細はこちら
◆「サロメ」の詳細はこちら

top