朝日新聞に特集記事「胸躍る名曲 濃密なステージ」が掲載されました

朝日新聞の特集記事2019.12.15掲載

2019年12月15日(日)の朝日新聞朝刊(大阪本社版)に、「大阪フェスティバル2020」の特集記事が掲載されました(←左の記事をクリックすると拡大します)。


記事トップは5月30日(土)「ニーベルングの指環 ハイライト」
さらに、4月18日(土)の「4オケの4大シンフォニー」
7月31日(金)バレエ・ガラ「ブライト・ステップ×ATP」の3公演を紹介しています。

「ニーベルングの指環」は、指揮者・飯守泰次郎さんへのインタビュー。 「気付けば『指環』との付き合いは50年にもなる」という飯守さんの言葉に、作品への深い思いがにじみます。

「4オケの4大シンフォニー」は、11月に開かれた合同記者会見の模様から。 関西フィルを指揮するオーギュスタン・デュメイさん、大阪交響楽団を指揮する外山雄三さんが、熱さとユーモアを交えて作品を語りました。

そしてこの紙面が情報初出し(!)となった、世界で活躍する若手ダンサーによるバレエ・ガラ「ブライト・ステップ×ATP」。 西島勇人さん、奥村彩さん、菅井円加さんの出演が発表されました。続報もどうぞお楽しみに。

※このページ一番上のチラシをクリックすると、公演詳細をご覧いただけます。

top