朝日新聞の特集記事「心揺さぶる 気迫のタクト」

2019年11月24日(土)付の朝日新聞大阪本社版朝刊に掲載された「第57回大阪国際フェスティバル2019」の特集記事です。4月20日(日)「4オケ・スペシャル」、4月28日(日)「パーヴォ・ヤルヴィ指揮エストニア・フェスティバル管弦楽団」、そして6月8日(土)「リヒャルト・シュトラウス《サロメ》」の3公演を紹介しています…

READ more

衝撃のオペラ「サロメ」に、尾高&大フィルが挑む!

2019年はリヒャルト・シュトラウスの没後70周年。この後期ロマン派の巨匠は、「エレクトラ」「ばらの騎士」などオペラ作曲家としても偉大な作品を遺しています。その中でもとりわけ異彩を放ち、今日においてもなお問題作である「サロメ」に、音楽監督・尾高忠明率いる大阪フィルハーモニー交響楽団が演奏会形式で挑みます。…

READ more